「布土樹」2015年


 Vol.102  H27年11月号

  • 表紙《会で建てた建物:ベランダ》
  • 特集「すまい感・くらし考 お宅訪問その10」国分寺市 Iさん 
    林 寿子/スタジオ紡 阿部裕美/事務局
  • 2015第5回「森林と住まいの講座」報告
    「旬伐の家づくり・木構造の話」東京の森林で育った「我家の木」で家造り
  • アースデイ2015in多摩センター
  • 2015旬伐の家づくり 奥多摩/U邸 山﨑山林
  • 事務局より 奥多摩に計画中のUさんご家族と旬伐のために山に入った。静かな山林の中。山の神様への感謝の祈り。家族で手を合わせる。この時、この場所、この空気、その場にいた皆同じ気持ちを、子どもたちに覚えていて欲しい。我が家が完成して柱や梁になった木を撫でて「あの山にいたんだね」と。


Vol.101  H27年9月号

  • 表紙《会で建てた建物:寝室》
  • 特集「すまい感・くらし考 お宅訪問その9」あきる野市Hさん 
    渡辺たけひで/WHAT 阿部裕美/事務局
  • 2015第4回「森林と住まいの講座」報告
    木の家づくり何が大事か?どうしても押さえたいツボとは?
  • 下刈 8/1(土)報告  「とうきょう森づくり貢献認証制度」紹介
  • 事務局より前号発行の時は2020年オリンピックの新国立競技場騒ぎでした。今回はエンブレム問題です。次から次へと思いもかけない事が起きています。自然災害は気候の変動とともに起こりうるものとして捉えなければ、対策が立てられません。気象衛星で緻密なデータ解析が出来、事前予想が出来る時代になりました。家づくりも想定外の天災にどこまで対処がいるのでしょうか?  @

     

     


 Vol.100  H27年7月号

  • 表紙《会で建てた建物:書斎・書庫》
  • 特集「すまい感・くらし考 お宅訪問その8」あきる野市Oさん 
    新井則夫/アライ建築工房 阿部裕美/事務局
  • 2015第3回「森林と住まいの講座」報告
    住まいを支える職人の技10 製材書見学&大工の技術
  • 下刈 6/13(土)報告  「すまい感」小冊子紹介 「多摩木材センター」紹介
  • 事務局より:布土樹が100号となりました。年6回発行なので通算16年ということになります。何年経っても製作者のPCベタを否めませんが、切り張りせずに原稿が作れるようになりました!? 現在のソフトはもっと色々なことができるのでしょうが、ここまでで一杯です。沢山の皆様に寄稿いただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。新国立競技場の設計案が予算500億円オーバーのまま、時間切れで決行となりそうです。500億円あったら、東京の山林もよくなるだろうに…と話しが出ました。誰もが500億円あったら、あれがこれがと算段しているでしょう。出来上がっても「負の遺産」と言われ続けるならば誰の為のもの?不思議です。 @

     ついに100号となりました。12号の時は本当に手作りで先々一体どうなることかと危惧していた事を覚えています。私の手から離れ4P6P8Pと頁が増えついに100号を迎えました。すごい事だと思います。造り続けてきた@さんに心より感謝しています。本当は記念号としたかったのですが、力不足でした。皆様これからもよろしくお願い申し上げます。多くの方にお礼申し上げます。  


 Vol.99  H27年5月号

  • 表紙《会で建てた建物:トイレ》
  • 特集「すまい感・くらし考 お宅訪問その7」横浜市戸塚区Sさん 
    杉浦干城/WHAT 鈴木孝則/横溝工務店 阿部裕美/事務局
  • 2015第2回「森林と住まいの講座」報告
    育林体験/植林・記念植樹  日の出町落合みかん沢
  • これからのイベントお知らせ
    下刈 6/13(土)  第3回森林と住まいの講座「職人の技10」
  • 「木の家づくり指南書」リーフレット紹介
  • 事務局より:4月雨ばかり降っていたかと思いきや、5月はいきなり台風到来、気温30℃が続き驚かされました。山の下草の勢いも2週間ほど早いそうです。お陰で「環の家」の2階にある事務局(屋根勾配の一番高いところ)は、5月とは思えないほど温度上昇しています。今年の盛夏が思いやられそうです…

Vol.98  H27年3月号

  • 表紙《会で建てた建物:浴室》
  • 特集「すまい感・くらし考 お宅訪問その6」千葉県市川市Kさん 
    河合喜夫/ぼう建築計画 阿部裕美/事務局
  • 2015第1回「森林と住まいの講座」報告
    「木の香り成分・木の力 ~人の脳・心に作用する木材の不思議~」講師:谷田貝光克先生
  • 建物竣工見学会
    板橋区K邸    瑞穂町H邸
  • 事務局より:情報の氾濫で便利になる分、不必要なことまで増えてこれはより良い進化と言えるのでしょうか。耳触りの良いことばかりの情報は裏で操作しているのではと勘ぐってしまいます。性善説を信じますが、疑り深くなる自分がいます。真贋を精査する眼を養わなくては、と想う…今日この頃。

Vol.97  H27年1月号

  • 表紙 謹賀新年 スギとヒノキ
  • 組合員より「私の一番心に残る映画」です。
  • 枝打報告 日の出町幸神
  • 2014第6回「森林と住まいの講座」報告
    「木造住宅のLCA」~住まい方を考える指標として~講師:服部順昭先生
  • 2015年森林と住まいの講座案内
  • 事務局より:布土樹新年号の表紙の写真、左はスギのフローリングとスギの葉っぱ。右はヒノキのフローリングとヒノキの葉っぱです。枝打をした時に拾った枝です。常緑の葉は冬の景色の中で生き生きと見えます。新年明けて寒さはこれから一段と厳しくなりますが、陽がのびて春に向かって行くので嬉しいです。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

←2016年

2014年