会の理念

  1. 生き物である木をはじめ自然の素材を使い、木を生かす職人の技術によって、健康で堅牢な家づくりを目指す。
  2. 再生可能な資源である木材を、川上の山元と川下の都市住民が相互理解を深めて利用することによって、東京の山林を育て、環境を保全し、都市に自然の恵みをもたらす家づくりを目指す。
  3. 林業家、製材所、工務店、設計事務所、建主が、おたがいに顔の見える関係で参加し、ともにつくる家づくりを目指す。

会の趣意

 東京で林業が行われていることを知る人はあまり多くないかもしれませんが、西多摩地区は昔から林業の盛んな地でした。
 木を多く使うのは建築で、 もともと日本の住まいは、地元の職人が地元の木材を使って伝統的な工法で家造りをしていました。
 地元の木を使用することで、山林が更新され、それによって川下の都市環境も守られていたのです。

 しかし、安い外材と新しい工法におされてこのサイクルは壊れ、日本の林業は衰退の一途をたどり、山林は荒れはてています。
 西多摩地区も例外ではなく山林は瀕死の状態にあります。

 「東京の木で家を造る会」は、この西多摩地区の木、つまり東京育ちの木材で家造りをすることで、林業に元気を取り戻し、山林を育て、ひいては都市環境の保全に役立つことを目的としています。

 しかも、単に木材の需要が増えればよいという発想ではなく、林業家、製材所、建築家、工務店、そして建主が、 おたがいに顔の見える関係で家造りに取り組むことで、住みよい住まいを実現し、林業の元気回復に貢献していきます。


 本来、家造りは地場産業であり、かつて家を建てるときは、地元の山林から木を伐り出し、町はずれの製材所で木材に挽き、顔見知りの職人が建て上げるのが普通でした。
 そこには顔の見える関係と意思の通い合いがあり、建主も少なからず山や木材、職人の技に対する知識をもっていました。
 それが、山林や職人の技を守ることにもつながっていたのです。

 しかし、現在は、キッチンやサッシのメーカーは知っていても、柱や梁、床の木材の種類やどこで生産されたものかを知る建主はありません。
 その結果、健康に好ましくない建材さえ見逃されているケースがあるのです。

 顔の見える家造りをすすめる背景には、こうした状況があります。
 林業や製材を知ることで、都市環境に自然の恵みをもたらす山や木を知ってもらう。
 そのためには、建主に実際に使う木と対面してもらい、山の作業も体験してもらいたいと考えています。
 また、建築家や工務店と膝をつき合わせて話し合うことで、在来工法の技や建材についての知識を得ながら、それぞれの暮らし方に合った住まい、自然の素材による健康的な住まいの実現を、はかってもらいたいと考えています。
  顔の見える家造りは、家を建てる人々にとって、木を知る人、技を知る人、家を知る人とともに、本当に納得のいくわが家が実現できるという理想的な家造り方法でもあります。

 「東京の木で家を造る会」は、ハウスメーカーとはまったく異なった存在です。
 私たちは、これをひとつの運動と考えています。
 つまり、“川上”と“川下”を結び、産直方式で家を造ることで、東京の林業と山林の再生をはかり、都市の環境を守るという運動です。
 そのために、林業家、製材所、工務店、設計事務所などの協力を得て組織作りする一方、 ユーザーに呼びかけ賛同者を組織化してその拡大をはかり、東京の木で少しでも多く家を造ることを目指していきます。