2009年10月28日

柱の番付

梁のあとに柱。
木をひろげて、一本一本に番付をしていきます。

どの場所にどの材が適しているかを決めます。
生きた木を活かすための大切な作法のひとつ。